日本初公開の恐竜たち

2009年春、日本初公開の恐竜たちが集結しました!
2009年3月14日(土)から6月21日(日)、国立科学博物館で
「大恐竜展〜知られざる南半球の支配者〜」(主催:国立科学博物館、読売新聞社)が開催されました。

これまで謎に包まれてきた南半球の恐竜の化石、および標本50点以上を一挙公開され、1998年に東京で開催し、40万人の来場者を集めた
「大恐竜展〜失われた大陸ゴンドワナの支配者〜」から11年。
新しい発見・研究の成果が一堂に集結しました。

およそ2億年をさかのぼり、太古の超大陸ゴンドワナへ!

地球上で唯一無二の超大陸だった「パンゲア」が南北に分裂し、南半球に生まれたゴンドワナ大陸。

恐竜の故郷としては、これまで多くの謎に包まれてきました。

ここ数年、このゴンドワナ大陸の全貌が明らかになり始めると、恐竜研究者、ファンの注目が一気に集まり始めました。

中でも、世界初公開の“マプサウルス”はティラノサウルス級の巨大肉食恐竜。

アルゼンチンで発掘され、同じ場所から7個体以上もの骨が発掘されたことから“巨大な肉食恐竜は単体で行動する”という定説を覆す物証になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>