GoProで夜間綺麗に撮影するための注意点4つ を紹介します。

アクションカメラの代表格と言われるGoProですが、昼間の撮影だけだなく夜間も綺麗に撮影したいものです。

夜間綺麗に撮影するための注意点をまとめたので、失敗しない綺麗な撮影ができるようになります。

ぜひお試しください。

参考ページ:『私が絶対おすすめするアクションカメラ(GoPro)ランキングベスト5選』

綺麗に夜間撮影をする時と注意点

ナイトフォトに設定する

GoProを使って夜の撮影をするのであれば、昼間と同じような撮り方をするのはダメで、実際に写真を撮った人ならわかると思いますが、夜は風景も綺麗に写らないと思います。

どんな感じに映るかとうと暗くなってしまったり、何を撮影しているのかわならないというような残念な仕上がりになります。

何故こうなったしまうのかというと光の量が極端に少ない事が影響しており、昼間は太陽の光もあり外も明るいので、いきなり撮影してと見やすい写真をとれますが、夜間は周りの光が少ないので簡単に綺麗な撮影をすることはできません。

光を上手く取り込むことができないと見にくい写真をになってしまったり、思い通りの撮影ができません。

ですが、夜に何かの記念になるような撮影をするのであれば、そのままでは困りますし、大切なものなら、外が暗くてもなるべく綺麗に撮りたいものです。

そんな時におすすめしたいのが、GoProのナイトフォトモードです。

ナイトフォトというのはシャッターのスピードを調整することで撮影する時に光の量を増やすことができるので、GoProを始めたばかりの方も夜に綺麗な撮影ができるようになります。

ちなみにシャッタースピードは早くするのではなく遅く設定するのがおすすめで、夜でも照明のある町中で撮影するのであれば3秒ほどのスピードであれば綺麗に撮ることができると思いますが、夜景など周りに明かりがないのであれば30秒に設定してとるとその間に光を取り込んで撮影してくれるので、比較的綺麗な写真を撮ることができます。

設定の仕方がわからなあければ、自動にしておくとオート調整してくれます。

ISOの感度を上げる

GoProのナイトフォトモードにはProtuneという機能があり、より細かい部分まで設定できるようになっています。

初心者がこの設定をするのは少し難しいので、慣れてない方はナイトフォトの撮影でいいですが、もっとクオリティの高い撮影をしたいという方はこれもしっかりチェックしてとくといいですよ。

Protuneは色の濃淡や白の補正など全て設定できるようになります。

その中でもISO感度に関しては注目して欲しい設定で、光を捉える感度の事を指し、暗い場所でもなるべく明るさを出しながら撮影したい時かなこの値を上手く調整してみてください。

数値を高く設定しておけば、取り込める光の量が増えます。

明るくなりすぎは良くないですが、丁度いい値を見つけながら夜間の撮影をしてみてください。

三脚を使って撮影

GoProを使って夜間の撮影をする時はただ設定を変えるだけで安心するのはまだ早いです。

しっかり固定しながら撮影することはかなり重要なポイントになります。

これが何と関係しているのかと言うとシャッタースピードなんですが、光をできるだけたくさん取り込むこと為にはシャッタースピードを遅くします。

スピードが遅いてその分シャッターが開いている時間が長くなるので、普通に写真をとる時よりもブレやすくなります。

そのブレを無くすために固定するのが1番で、これを軽く見てしまうとどれだけ光を取り込んで、シャッタースピードを遅くしても上手く撮影することはできません。

これを防ぐためには三脚を使うのがおすすめです。

GoProを三脚でしっかり固定しておけばシャッタースピードが遅くなってもブレなくて安心です。

光を沢山確保しながらブレもしっかり抑える事ができるので、三脚を使っての撮影はおすすめです。

月に気をつける

GoProで夜の撮影をする時とに夜景を撮るのではなく、綺麗な星空を撮りたい時は月に気をつけないと行けません。

例えば晴れてる日の星空の場合月の光が強すぎる時がありますが、そういう時に星空を撮るのはおすすめしません。

あまり明るすぎるとその光が邪魔になって星だけを綺麗に撮ることができません。

そのため設定をしっかりチェクしながらブレを抑えるために三脚を使ったとしたも光の事を考慮しないと失敗する恐れがあるので、月の状態を忘れないようにしましょう。

初心者の場合見落としてしまう事も大きなことやポイントになりますな、明るすぎない夜を選んで撮影すれば綺麗な星空を撮ることができます。

夜間撮影の必須アイテム

夜間の撮影をする時に必要になるアイテムがあります。

GoProでもし設定出来たとしても夜の撮影の場合振動は大敵です。

移したいものが選ぶ時はどうしよもないですが、最低でもカメラ本体の揺れは防ぐ必要があら、そのために三脚を使うといいと言いましたが、GoProのおすすめアイテムとして、三脚付き自撮り棒があります。

3通りの使い方がで。

定点を撮影するだけでなく自撮りできる一石三鳥のアクセサリというところです。

夜景だけでなく色んな場面で使えるのでまだ持ってない方はぜひ購入しておいてください。

まとめ

GoProを使って夜に撮影する時は昼間と同じように撮影したしまうと失敗してしまいます。

注意点をしっかり守ってから撮影すると初心者でも綺麗に撮ることができますし、イライラしなくてすみます。

紹介した所をしっかり踏まえながら夜間の撮影も挑戦してみてください。