GoPro使用にはマウントが必須!マウントの固定方法ってどんなものがあるの?

アクションカメラと呼ばれるGoProは、何と言っても両手がフリーのまま使えると言うのが人気の第一でしょう。

そのおかげで、どんなスポーツの最中での撮影が可能になったのですから、特にアウトドアスポーツをやる人には人気のカメラです。

でも両手を空けるためにはもちろん、マウントと呼ばれるアイテムが必須になります。

GoProを使うのにマウントなしでは魅力半減

両手を塞ぐこと無く撮影ができるのが、GoProの最大の魅力です。

でももちろん、そのままでは不可能ですね。

普通に、小型なので片手で済みますが、手を使っての撮影になります。

両手を空けるには、それなりの固定具が必要なのです。

これがマウントと呼ばれる、GoProのアクセサリーです。

これを制するものがGoProを制する、とかも言われています。

GoProを購入する時には、マウントの購入も忘れてはいけません。

せっかくのアクションカメラ、購入したかいが無くなります。

マウントでGoProを固定

マウントにも色々と種類はありますが、どこにマウントを装着して使うのかで変化するのがその固定方法です。

ベルトタイプのもの

かなりよく見かけるタイプのものです。

身体に固定するためのマウントの場合、このベルトタイプが多いですね。

腕に巻き付ける、足首に巻きつけるなども出来ますし、ヘッドマウントもこのベルトタイプの1つです。

使用者の体型もかなりの部分でカバーできるようになっていますので、面倒なく使えます。

また巻きつけという一点からでも、落ちにくく外れにくいという特色も持っています、

クリップ式のもの

こちらは非常に取付簡単な、クリップに挟んで使うものです。

挟むだけなので非常に手軽で、面倒なくすぐに使うことが出来ます。

どこかに挟んで固定、撮影がサクッとできますから、面倒くさがりの人には最適ですね。

ただ挟むだけ、という手軽さが逆に落ちやすいという結果を生むのも事実です。

揺れの大きな場所に固定するのはもちろんおすすめできません。

このタイプは純正品では出ていませんので、その点も注意して下さい。

粘着式はバイクとかの乗り物に

粘着式で固定するマウントも多く出ています。

車とかバイク、自転車などに取り付ける場合には便利に利用ができます。

凸凹の面でなければ、問題なく張り付いてくれるので、手間もかかりませんし固定もしっかりとしています。

サーフボードやスキーと言ったボード類に固定する場合にも粘着式が多いですね。

マウントの固定方法で気をつけておきたいこと

便利なマウントですがそれを固定する方法によって、少し気をつけておきたいこともあります。

ベルトタイプのマウントは

このタイプは安定して使えるのですが、ベルトという点での劣化には気をつける必要があります。

それほど弱い素材は使われていませんが、長くしかもかなり激しいアクションで使用していると、劣化も早いのです。

海などで使用した時の塩水に関しても、劣化を早めないように使用後のお手入れをこまめにしたいですね。

他には、ベルトを止めるマジックテープにも注意しておいて下さい。

ちょっとゆるくなってきたなと思ったら、買い替えがおすすめです。

クリップ式のものは

これはもう、激しい動きには向かないので、普通に街での撮影程度にしておくほうがいいでしょう。

また柵とかに固定して撮影と言うなら、充分に役立ってくれます。

動きながらの撮影に関しては、GoProごと落ちる危険性もありますし、またブレがひどくなります。

あまりにぶれている映像では、悲しいですよね。

簡単ではあるけれど、あまりおすすめはできないタイプです。

粘着式のものは

最もポピュラーに、特に乗り物には使えるタイプです。

純正のものならまず落ちる心配はありません。

逆に剥がすのに苦労した、という声もあります。

ただそれでも、バイクなどのスピードも出るし振動の激しい、という乗り物に使う場合には保険として、テープなどで補強しておきたいですね。

補強するテープはもちろん、防水のものを使用して下さい。

もちろん粘着テープ自体の防水も確認が必要です。

純正のものでない場合、その点には特に注意して下さい。

海で使う場合には、防水は確認の上補強しておきたいものですね。

せっかくのGoProが、あっという間に海の底では泣いても泣ききれません。

用途に応じて変化する

用途に応じてもちろん、このマウントも固定方法の違うタイプのものを選ぶ必要があります。

単純に考えると、ベルトタイプのものだったらバイクのハンドルにも巻き付けられる、と考えてしまうかもしれません。

でもそう思っても、実行はしないでくださいね。

ベルトは普通の状態ならしっかりと巻き付きますが、バイクや車などの無機質の硬い素材では、固定がしっかりとできません。

マウントは使用シーンに応じて、使い分けをして下さい。

それによって固定方法も変化しますが、うまく使い分けていくのがおすすめです、

まとめ

GoProのマウントは、もちろんシーンによっての使い分けが大事です。

固定方法も色々とあるのですが、きちんとした使い分けを前提として、安定するように作られています。

目的に合ったマウント、装着して良い映像を撮っていって下さい。